こんな人が活躍している

日本語教師に向いている人とは

勉強道具

人と接するのが好き

日本語教師に至っては、面と向かって生徒と話をするので積極的に人と接するような性格は日本語教師にぴったりです。また、話し上手だけでなく聞き上手な人も日本語教師に向いているでしょう。一方的に自分の意見を言うのではなく、相手の立場になって指導できる人はどの場所に行っても歓迎されます。

色々と教えられる人

ホスピタリティーがある人は、日本語教師にとても向いています。環境、価値観、関係なくどんな人とも打ち解けられたり、日本の文化や習慣を分かりやすく教えられたりできるのは日本語教師の鏡です。この仕事は人とのつながりが重要なので大切にできる人ほど日本語教師に向いています。

どんな状況でも楽しめる

日本ではなく海外で就職が決まった時、それを楽しむのか、やっぱり日本が良いと引き返すのかで向き不向きが分かれます。海外と日本は文化が違うため、海外で活躍するなら文化と考え方の違いを知り、心から楽しむポジティブさが必要となります。そのため、ポジティブな人はどこに行っても日本語教師として能力を発揮できるでしょう。

手や物を使って表現ができる

身振り手振りで説明すると小さい話でも大きく感じますよね。言葉が分からない人にとってこのジェスチャーが日本語の面白さを伝えてくれます。日本語をいかにわかりやすく教えられるかが教師の腕にかかってきますが、最初はイラストを使って徐々に馴染ませるというやり方も教え方の一つです。話題を豊富に持っておくと、授業の時に役立つでしょう。

現地で働く人の声

最初はみんな初心者です

僕は独学より日本語教師の基本が学べる専門学校に入学をしました。そこは修了した後も就職活動の面倒をみてくれ、ようやく決まった先は遠く離れた海外でした。不安だったけど子供たちが笑顔で出迎えてくれ、最初に教えた日本語も今では普通に浸透しています。最初は初心者だしどうかなって思いましたがなんとかやっていけています。

休学した後に考え直して・・・

将来の夢もなくただ生きていた私ですが、元々本を読むのが好きで日本語に関係する仕事に就きたいと思っていました。日本語教師が近道かなと専門学校に入学したけどモチベーションが上がらず、本当にこれで良いのか悶々していました。でも日本語教師になった人の体験談を見て夢が膨らみ、今月やっと修了。留学生に日本語を教える日々です。

アジア圏だと仕事が沢山ある

日本だと日本語教師の求人が少なくて就職が難しいですが、アジア圏だといくらでも仕事があります。専門学校時代の仲間は、ほとんどアジア圏で就職をし、今でも頑張っていますよ。かく言う私も有名な大学の日本語教師として内定をもらい、学生たちと日本語に囲まれて毎日楽しく過ごしています。

文化を教えられるのは良い!

日本のすばらしさを海外の人に伝えたくて日本語教師になろうと決意しました。知識も大事だけど、いかに楽しく文化を伝えられるのかなと考えて日々勉強しました。海外ではあり得ない日本の文化は子供や大人に大人気。面白い言葉は吸収されやすいのか、最後まで口にしていました!最後には日本大好きとまで言ってくれて感動です。

絶対的な安定感がある

日本人でも、おかしな日本語使う人いますよね。専門学校で学んだ絶対的な日本語は安心感さえあります。給与は少ないけど、大学の講師として活躍できればもっと増えるし今でも地道に頑張っています。日本語教師になる価値は十分にありますからみんな目指してほしいなぁって思います。異国の地で働くと考え方とかまるっきり変わりますよ。

広告募集中